緑地広がり、街に活気 釜石・大町で憩いの場を改修

釜石市が2008、09年度の2カ年事業で進めてきた同市大町の青葉通り緑地の改修が終了し、現地で8日、完成記念式典が行われた。市中心部の活性化と交流人口の増加を図るため、イベントなどで活用しやすいよう幅を広げた。緑地北側の大只越公園も遊具を更新するなど改修。訪れた関係者らは開放感のある緑地を歩き、新しく生まれ変わった憩いの場に、にぎわい創出の期待を寄せた。

 式典で野田武則市長は「地域の皆さんから多くの意見をもらい、緑地の設計に反映させた。青葉通りを拠点にして、釜石の活性化につなげたい」とあいさつ。関係者によるテープカットを行い、地元の園児が太鼓や虎舞を披露して完成を祝った。

 青葉通り緑地は、市道青葉通り線(延長310メートル)の中央分離帯。緑地の横幅を9メートルから13メートルに広げたことで、イベントなどで活用しやすくなった。

 御影石とウッドデッキを敷き詰めた緑地は、車道と緑地を隔てていた鉄柵などを撤去して開放的な雰囲気に変わった。小さな水路も設け、夏場には涼しげな雰囲気を与えそうだ。

 緑地北側には多目的テントがあり、雨天時のイベントに活躍する。南側には公衆トイレが設置されている。

 08年度は県道を挟んで南側の緑地、09年度には北側の緑地と大只越公園の改修を行った。事業費は約2億2千万円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA