震災遺児ら育てる「子どもの村」完成・仙台

2014年10月31日金曜日 河北新報

東日本大震災で親を失った遺児らを里親らが家庭的な環境で育てる施設「子どもの村東北」が仙台市太白区茂庭台に完成し30日、記念式典が現地で行われた。すでに2組3人の里親が内定しており、2015年1月以降に子どもの受け入れを始める。
式典には関係者約60人が出席。運営するNPO法人「子どもの村東北」(青葉区)の飯沼一宇理事長は「この場所で子どもたちを幸せに育てていこうと思う」と決意を述べた。
子どもの村は震災遺児のほか、虐待や貧困などの理由で親と暮らせない子どもを児童相談所を通じて預かり、専門の研修を受けた里親が村内の一戸建て住宅で育てる。
法人は市有地約6000平方メートルを借り、住宅3棟と事務棟「センターハウス」を整備。住宅は白を基調とした外観で、広いウッドデッキを備えるなど開放的な造り。最終的に5棟に増やす計画だ。
建設費は約2億7500万円で、大半を寄付金で賄う。1期工事分の約2億3000万円は確保のめどが立ったが、2期工事の建設費や運営費が確保できておらず、法人は引き続き協力を呼び掛けている。
子どもの村は、国際NGOが中心となって世界各地で開設する。国内では10年に開設された福岡市に続いて2カ所目。

 

ウッドデッキが滑り出したら滑り止めを!

倒事故撲滅!!防滑施工の重要性
弊社ホームページ http://www.t-ground.co.jp/
弊社ではホームページで公開している工法の他にも、さまざまな条件や状況に合った適材を取り扱い、すべての床材・ロケーションの滑り止めについて適切にコンサルティングいたしますので、お気軽にご相談ください。 滑りやすい床材でお困りの管理者様、今すぐ下記にご連絡下さい。
TEL 0725-40-3622 FAX 0725-40-3623 mail info@t-ground.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA