玉川高島屋、14年2月より大幅リニューアル。ロンハーマン、MM6にグリーンまとう

Published: 2013/12/19(木) 14:00

玉川高島屋ショッピングセンターは、2015年に予定されている二子玉川の東地区再開発事業第2期事業竣工を見据えて、14年2月から9月に掛けて大幅リニューアルを実施する。

3月8日には、新館「アイビープレイス」が開業。南館1階より移転した「ロンハーマン(Ron Herman)」が、地下1階から地上3階までの全4フロアを占め、同店の国内最大ショップとしてオープンする。幅広い世代が楽しめるよう、ファッション、カフェ、トリートメントサロンを展開。外観はブランドを象徴するグリーンとホワイトに統一し、外壁を緑化することで自然豊かな二子玉川になじむデザインとする。

2月から4月に掛けて、衣料品店を中心とする約10店舗の新店、改装店がオープン。2月上旬にギャップジャパンによるアパレルショップ「バナナリパブリック(BANANA REPUBLIC)」、3月上旬にイタリア発のデニムブランド「レインストゥディオ(REIGN STUDIO)」とセレクトショップ「ビーセカンド(B’2nd)」、3月下旬に東日本初となる「エムエム6メゾンマルタンマルジェラ(MM6 Maison Martin Margiela)」の専門店、4月下旬もしくは5月上旬に国内7店舗目となる「エストネーション(ESTNATION)」がオープンする。

本館屋上庭園も、「キッズガーデン」をテーマに敷地の約4分の1にあたるスペースをリニューアル。プレイスペースには天然の芝生を小高い丘のように広く敷き詰め、なだらかなスロープで高台と繋げる。ウッドデッキやパーゴラ(木製日除け)の新設により環境面にも配慮し、子供連れからシニア層までゆっくりと過ごせる屋上庭園を目指す。お披露目は3月1日、芝生の開放は4月1日を予定。

本館外壁も、建築家の隈研吾が監修したデザインへと来夏にリニューアル。木柄パネルと壁面緑化により周囲との調和と図り、現在は水色で統一されている見え掛かりをウッド調にすることで二子玉川の街に溶け込むデザインとする。お披露目は9月1日を予定。
《くまがいなお》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA